明日が来なければいいのに

今君に素晴らしい世界が見えますか

記憶の話

 

時々自分のInstagramの写真を見返す。

そのほとんどが一人で遊んだ時の写真で、この思い出を共有する人はいない。でもわたしの中にはちゃんとある。写真を見返すと、そういえばこんなこともあったなぁとその日に戻れる。しかし残念なことに見たものや考えたことすべての丸一日を思い出すことは出来ない。

何一つ溢れ落とすことなく、覚えていられたらいいのになぁと思う。

自分の人生の1番古い記憶ってなんだろう?

幼稚園の時のことかな。運動会とかお遊戯会で何をしたのかっていうのは、アルバムや親の撮ったビデオを見たからわかる。でもその日何があったかとかっていうのは覚えていない。思い出せるのは、ただ普通の日で、初めて男の子に泣かされた時のことだ。とてもしょうもないことを覚えているもんだなと思う。

わたしはきっと丁寧に大切に育てられてきた。今ならそういうことがわかるのだ。でも、大切にされてきた小さな頃のことは全然覚えていない。

そういう日が、きっとたくさんある。わたしは覚えていないけど、家族が、友達が、これまで関わったどこかの誰かが、しっかりと覚えていること。

なるべく忘れたくないと強く思う。長く生きればその分だけ脳からこぼれ落ちて忘れていってしまう思い出が増える。だから、できるだけ、忘れたくないことを頭の中で繰り返し繰り返し思い出す。綺麗だと思ったもの、好きだと思ったもの、楽しかった日、辛かった日、美味しかったもの、話したこと、抱いた感情。

写真に撮っておけばよかったと思うこともたくさんある。日記にしておけばよかったと思うこともある。残してなかったから、どんどん細かいことが抜けていって思い出せるものがぼんやりとしていく。あの時間は戻ってこないんだという事実を抱えて、突然死でもしなければあと60年くらい生きなくちゃいけない。今日のことだって60年後には忘れているだろう。

いつか23歳のわたしが大切だと思っている人の名前さえ忘れてしまうのかもしれない。患者さんを見ながら思う。

思い出はいつも綺麗だ。脳がそういうふうに処理をしているのかもしれない。でも覚えていることだけを綺麗にされて、ほかはどうでもいいなんて脳はちょっと冷酷すぎる。

世界五分前仮説をときどき考える。色んなことを思い出したり、その証拠の写真もあるけれど、この状態を何者かが作っていたとしたらどうしよう。わたしが大切だと思っている思い出全てが偽物だったらどうしよう。不安になる。でも職場の人はみんなわたしを知っているし、こないだした約束は守られるし、わたしと同じことをした人は同じことを覚えているから、きっと大丈夫なんだって確認をする。世界は前からあるっていう確認。

記憶だけが頼りだ。思い出はその人の歴史そのものだ。多少脚色の加えられた思い出だとしても、その人をつくりあげたものだと信じている。だから世界五分前仮説が本当だったら嫌だ。

大人になってから忘れたくないことが増えた。20代のうちに思い出をたくさん作って、そしておばあちゃんになる前に、ちゃんと今のことを覚えているうちに死んでしまいたい。もしも29歳最後の夜に死にますか?って聞かれたら、なんて答えるんだろうね。たのしみだね。そもそもそんな都合よく死ぬ事は出来ないし、近い将来にそれが許されるとも思えないけども…。例え話。

若いうちに死にたいとは言っているものの、人は突然思いがけず死ぬ弱い生き物なので、だから思い出を作る作業って大切なのだなと思う。思い出を作るっていうことは、ちゃんとその時を大切にするっていうことでもあるから。ほらあの名曲でも言ってるでしょ、なんでもないようなことが幸せだったと思うって。明日死ぬかもしれないし、来月かもしれないし、もうちょっと先かもしれない。そんなことは誰にも分からない。だから本当は特別な何かがなくても、今日も明日も大切にしなくちゃいけないんだよね本当はね。それってほぼ不可能に近いくらい難しい話だけど。

人は絶対に死ぬ。死んでから後悔しても遅いってことを知るのは、死んでからなのかもしれない。患者さんの家族を見て思ったことですが。

記憶の話から脱線して死の話になってしまった。死と記憶というのは離しがたい部分ではある。死についてはまた別の機会に書きます。こういう話に終わりはないというか、書いていてどこで切るかいつも悩むな。読んでる人がきっとどっと疲れるに違いない。もう少し新書とかを読んで話のまとめ方を学ぼう。実は今年全然本を読んでない、去年40冊くらい読んだのに〜。本のいい所って思い出にしなくていいところだよね、いつでも読み返せるから大事なところ以外はまた確認すればいいわけで、自分の脳の容量を圧迫せずに済む。音楽とか映画とかでもなんでもそうなんだろうけどね。

 

それじゃ記憶の話はおわり。

綺麗な夜をそっと盗む

オフィスの光 満天の星空がポツポツと消える頃

ひとりきりで徘徊してた 君と出会った駅は近く

闇に溶け合うように繋ぐ手は 冷え切って寂しくて

コンクリートの穴を埋めるようだった

 

 

 

いつ東京に行っても、新しい発見があって、新しい人と出会って、とても楽しいと思う。

高く高くビルがいくつも並んでいて、たくさんの人がお互いを邪魔だと思いながら(思っているのは私だけかもしれない)わざわざ人混みに集まって、1本乗り逃しても直ぐに電車は来て、無駄なことに電力を使っている、本当に不思議な場所だ。

関東に引っ越そうと決めたのは1ヶ月くらい前だった。どこに住みたいかなぁと思いながら今回は歩いたりもしてみた。どこで買い物をして、どこで普段遊ぶのかな、とか。

田舎は嫌だとかなんだとか言いつつも、こんな私だって育った街には愛着がある。東京へ行く前、空港に向かう途中電車から見下ろす育った街はとても美しいと思った。地元の人間関係がいやで、高校から地元を出た。それでも私の地元と呼べる場所はここだけなのだ。

知らないところに住むというのは、地元を捨てることではない。でも、東京には私の友達もいないし、ホームグラウンドとなる場所もない。こんなに好きでも、東京とはまだ一線を引いた関係で、例えるなら新築のモデルハウスの色や匂いだと思う(分かりにくい例えでごめんね)。

少しずつ夜から朝へと明るくなる空の下を散歩した。電気がついている部屋はあまりなかった。東京でもみんなが寝ている時間というのはあるんだと知った。だけど、真っ暗にならないし、絶対どこかで誰かが生きているという空気があるのが東京だなと思う。私が今住んでいる場所は、夜になると全員死んだのかと思うほど街が真っ暗になる。それはそれで世界の終わりのようで美しいけど、ここでは死にたくない。

何かをしようと決めた時、みんなそうだと思うけど、すごく考える。今までとは違うことをする自分の本当の理由を考える。そうして違う日々が始まることで失うかもしれないものを考える。本当は引っ越すのは怖い。知ってる人全然いないし、東京怖い人ばっかり(偏見)だし、やりたいことも定まっていないし、貯金も全然ないし。それでも引っ越しちゃうのは、今の仕事からの逃げだなあって思う。人の命を左右することをしたくない、自分の非力さに落ち込みたくない。ずるい。考えるだけで情けなくて胃が痛くなって泣けてくる。違う仕事をしてみたいのは事実だけど、結局のところは私が弱いからだ。

もうここまで話を掘り下げると、私の脳内のいろんな記憶が発掘されてきて、あーでもないこーでもないと考える。だけどひとつ宣言しておこう。私はこの仕事をしたから、今の私が形成されたという自覚はちゃんとある。むかしよりもずっと優しく明るい人間になった。やったね。

とどのつまりオメーはどうなんだよと、そろそろ読んでる人が思い始めている頃かと思いますが、私のブログはこんな感じで着地点がないんです。オチとかない。オチをつけて話をしろと教育された時もあったけど、オチのある話って一体何よ?!わたしは吉本芸人じゃないのよ?!って今ならそいつに言ってやりたい。私はオメーがいなくても明るく元気に生きられるようになった。3年もかかったよ。3年って凄いなあって思う、あの頃生まれた子は3歳だよ。3年かかってこのオチだよ(?)。

いつまでも23歳ですって言っていたいなって思ったよ。(本当は永遠の21歳がいい。)東京行く時には24歳だけど、東京デビュー遅いの笑わないでください。飽きたら出ていくから東京都民マジでみんな優しくして。

場所の問題じゃなくて、いつなのか、誰となのか、それが問題。それは何か限定的なものではなくて、人生ってそんな感じがしない?そんな感じがしたのが今回の東京旅行だった。だから元も子もないことを言ってしまえば、東京じゃなくてもいいんだと思う。逆に言えば東京でもいいってことなんだけどね。

色々思うことは沢山あって、本当はもっとごちゃごちゃ考えていた。でも文字にするのはここまでが限界だよ。誰ももう読んでなさそうだよ。もはや文字のゴミ捨て場かよ。

引っ越したら、東京を選んでよかったって思えたらいいな。

 

 

不気味なほど バランスのとれた街

君のこと 苦しめる

朝が来るなら 夜に引き止めたいよ

「またね」手を振る君  後ろ姿、ただ見ていた

夜明けの空 ビルの隙間

陽が昇れば もう会えない気がしたの

See You - またね / HoneyComeBear

https://youtu.be/uSuhG5wKJVM

楽しくないなら長生きしたって意味が無い

 

昨日Netflixで「紅き大魚の伝説」という中国アニメーションを見ました。ジブリとか新海誠とか細田守とかを混ぜた感じの作風です。つまり私の好みです。

 

今日はパソコンからではなくiPhoneから記事を書いているので、あらすじの引用とかYouTubeから動画を引っ張ってきたり、そういうのが面倒なのでありません!ごめんなさい。

 

私は開始30分後あたりから、とにかくセリフのひとつひとつに感動しちゃって、最後まで楽しめたなあと思います。とても良かったのでインターネットで検索したら、映画大好きな人達からまあまあ酷評だったので「みんなキビシイのだな…」って感じです。アニメとか映画とか全然見ない私からしたら、中国アニメってこんなにすげえの作れるのか!と驚きましたが。中国だからこそかなって思えるところもあった。

 

私がいいなと思った点は

・セリフの一つ一つが美しい

・登場人物の感情描写が丁寧で分かりやすい

・登場人物のキャラデザが最高

・能力を使える→意味のあるもので人を傷つけることに使うものはいないし能力そのものが美しい

・輪廻転生する→愛するだれかのために死を選び、輪廻転生する姿は愛するもののそばにいるための姿。これまた美しい…

 

映画という限られた時間の中では、この主人公の世界背景とか歴史を説明しきれないし、どうしても後半が話があまり進まないという印象はあるけど、でもわたしは後半についてはアレでいいと思う。だって、さかなからすれば育ての親との別れだよ?!後半の流れが悪い、感動が薄れる!なんて評価されてたけど、現実的にはこうだと思うのよ。そして別れが長引くことでなんやかんやあって、主人公のことが好きな男の子がなんやかんやなるけど、それぜーーーんぶひっくるめて「愛ってこういうものなんだな」って感動した。わたしはちょろい女なので。トントン拍子に進まないから人生だし、人生の局面でスパンッと解決するなら誰も泣かないよ。でもこの映画で大事なのは結末よりも、生きる意味とか愛とかそういう主人公以外の登場人物の人生観とそれに伴う行動だなあと思うわけです。そういうのを描くのに後半は必要だったんだ!!!

 

とにかく2019年で一番いいアニメでした。(ネトフリで公開してたのは去年)(今年のアニメ何も見てない)

 

雑な感想なのでそのうち消します🥳

興味ある方は是非!!!!

 

曇りガラスの先はいつも悲しいんだ

 

神戸旅行から既に一週間が経とうとしている。

今回神戸旅行を選んだのは、本屋さんの旅行誌コーナーで目に入ったからで、特に深い意味は無かった。そもそも神戸に何があるのかさえイマイチ分かっていなかった。

 

私は1995年生まれです。

神戸の1995年といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?ポピュラーな回答としては、阪神・淡路大震災かなと思うのですが。

地震に関する感想なんていくらでも話せるけれど、わたしがここに記して残しておきたい記憶としては「人間は100%死ぬ」ということです。

生き残った人は運が良かったのか?

たとえその震災で亡くならなかったとしても、事故にあったり、病気になったり、人生を辞めたくなったり、死ぬタイミングなんてどこにでもある。だから、地震に備えることも大切なことだけど、それ以上に普通の毎日を大切にした方がいい。

 

 

それから、知らないところへ行く時はいつも考えることですが、知らなかった場所を知ることが出来て良かった。

大人になるまで知らなかった人間の歴史、出会えたいろんな人達、知らなかった感情、住む街から遠く離れた場所の景色や空気や美味しいもの。海も空も、人がつくりあげたものも、すべて美しい。

見せてあげたかったと思う人がいる。そして知らないところへ行くたびにその人を探してる。

 

神戸に、氷室神社という所がある。

そこはとにもかくにも!すごい恋愛パワースポットらしく、神様へ200円で手紙が送れる。詳しい内容は秘密だけど、わたしはいつも探すその人よりも好きになれる人が出来たらいいなとお願いをした。それは神様の問題ではなく、わたしの問題だと思うけれど・・・。

だいたい人生でとてつもなく好きになれる人なんて、何人もいるもんじゃないだろうし、そういうことを祈るだけ無駄な気さえしてくる。

心の中に宝物があることで元気になれることがある。もしかしたらそれだけで幸せなことなのかもしれない。神様への手紙は半分その宝物への手紙だったかもしれない。わたしの宝物がどこかで幸せに今日も生きててほしい。

 

 

ひとり旅行は色んなものと向き合いすぎて人生〜ッ!となります。マジで。でもそれが楽しい。ここにもいろんな人が生きてるな〜と生活を感じて、わたしは・・・と考えて、お土産を誰に何を渡そうか悩んだり、そういうのがいいんだよな。

 

次回の旅行は山形県

人類は滅亡しました

 

ネットフリックスで「バードボックス」という映画をみました。私が映画を自ら進んでみることは大変に珍しい出来事です。

 

 謎の闇に突き動かされた者たちが相次々と命を絶ち、人口が激減して5年。ここまで生き延びてきた母親が2人の子供を連れて、安住の地を目指す危険な旅に出る。

www.youtube.com

 

※以下ネタバレを若干含みます。ほんとうに少しだけ。

 

結局最後まで謎の見えない「何か」の正体がわかりませんでした。ホラー映画ってこういうオチが多いですよね、あとはご想像にお任せします。というような。

映画の中盤でスーパーの店員は、どの宗教にも必ず悪魔などが人類に苦しみを与えた挙句に人類の終わりがやってくるというような話をします。逃げのびたメンバーからは「どこでそれを学んだの?」と聞かれ、「ネットだよ」と答えたところで鼻で笑われて終わります。

 

「人類の最後とはどのようなものか」

有名なところで言うと「ヨハネの黙示録」でしょうか。作者はヨハネです。私はキリスト教に精通しているわけではないので、Wikipedia先生に聞こうと思います。

ヨハネの黙示録 - Wikipedia

ヨハネの黙示録には【ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした(1-2)】【イエスの証しは預言の霊なのだ(19-10)】と記されている。
この言葉は福音書の【人の子に言い逆らう者は赦される。しかし、聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも赦されることがない(マタイ12-32)】【父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊(ヨハネ14-26)】と呼応しており、ヨハネの黙示録自体が福音書に記されている聖霊であることを示している。
また、解釈をしようとすると【これに付け加える者があれば、神はこの書に書いてある災いをその者に付け加える(22-18)】と記されており、簡単に解釈するわけにもいかない。しかし、この言葉は、逆に、この書に書かれている災いを自ら受ける覚悟を持てば、解釈も許されると言う意味ともなる。では、この災いとは何か・・・・・個人として受ける災いは、火と硫黄の燃える池(21-8)であり、ここに入るのを覚悟しさえすれば、解釈することも可能である。

とにかく人類は神の裁きにあい、滅亡するんだよという話っぽい。しかも解釈しようとすることさえも許されないと。人類は受難を受け入れるしかないらしい。中には自然災害についての描写もある。あながちすべてヨハネの妄想だろうとは言えない。
karapaia.com

人類は神の裁きにあわなくてはいけないほど、罪深い生物なのだろうか。他の生物よりも優れた知能、感性をもち、生きていくには十分な身体能力を手に入れた。文明を作り上げた。たしかに手に入れすぎたかもしれません。私は人類以外にここまで発達した生物を知りません。もしかすると地球外にはいるかもしれませんが・・・。

 

「何にでも終わりはある」

スーパーの店員よろしくネットで調べたところ、やはりどの宗教でも人類は終わりを迎えるようです。また、一人の人間という単位で見ても、みなさまご存知の通り終わりは存在します。人類の終わりというととても大きな出来事のように感じますが、人間ひとりひとりはそこらじゅうで死んでるのです。だから、いつか全員が死んでもおかしくはないですよね。

終末論 - Wikipedia

終末論は、歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもあるという考え方。目的論という概念の下位概念。
社会が政治的、経済的に不安定で人々が困窮に苦しむような時代に、その困窮の原因や帰趨を、神や絶対者の審判や未来での救済に求めようとするのは、どこの文化でも宗教一般に見られ、ユダヤ教からキリスト教イスラム教、ゾロアスター教といった一神教においてのみならず、仏教などの宗教などにおいても同様の考え方がある。しかし、終末ということの基準を、個々人の死の意味ではなく、民全体にとっての最後のとき、民全体に対する最後の審判と義人選別救済のとき、とするならば、終末論は本質的に一神教のものである。

歴史に終わりがあるから「歴史」という完結した状態が出来上がります。今も人類の歴史は続いていますが、ある一定の大きな出来事が起こると区切りが生じますよね。例えば「安土桃山時代」とか、「江戸時代」というように、一つの時代として完結します。これが終末論でいう「歴史の終わり」に近いことだろうというイメージで解釈しました。

その時代の終結は次の時代を始めるために必要だったと言えます。なので「歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもある」ということは、なんとなく腑に落ちます。

 

「どこに向かって生きているのか」

そして歴史を作り出す我々人類の話・・・。

目的論 - Wikipedia

「目的論」は、「人間を含む諸存在が、(究極的に)どこに向かって(何を目指して、何(どのような状態)を達成・実現すべく)存在・活動しているのか」を考察する。

 人間についての目的論の嚆矢は、ソクラテスであると措定されている。彼は「アレテー」(徳・卓越性)を重視し、人間の魂(精神)を可能なかぎり向上させ、善き生を達成していくことを目的とした。

ここまで掘り下げると、宗教哲学というジャンルになってしまいました。この中では「より善い人間として生きることが人生の達成(目的)」と言えるようです。

よく人間は生きるために生まれてきた等と言いますが(言いますよね?どこから出てきた言葉かは知りませんが)、自由に生きることが我々に課せられた使命ではないのです。自由に自分のためだけに生きるから、もしかすると未来で神の裁きにあって滅亡してしまうのかもしれません。

それにしても「より善く」というのはどうも曖昧な表現であり、決まった定義もないみたい。これはまた難しい問題です。世間一般に良い人(善い人)というのはやさしい人というイメージかなと思うのですが。それが神の求めることなのかどうかは、神ではないので私には分かりません。正解が分かる方がいらしたら、こっそり教えてください。実践して生きていきます(抜け駆け)(抜け駆けするやつは善い人ではない)。

 

 

ところでバードボックスは生き延びるために視界を奪われますが、他にも音を出してはいけないホラー映画もありましたね。五感の一部を奪われるってめちゃくちゃ怖いですね。

死ぬならサクッと派なんですよ、私は。何かに怯えながらも結局死ぬって、なんのために怯えたのか?と思いませんか。つまり神の裁きも受けたくないし、神の裁きを受けている人類も見たくないんですよ。

デビルマンの最終話を見たことがありますか?虚しいです、非常に。人類が終わっていく姿が残酷に描かれています。明くんの頑張りとは一体なんだったのか…。主人公が全く報われないどころか、結局悪役サイドのサタンでさえも一人ぼっちになってしまいます。画像を見ていただければ察しがつくかとは思いますが…。

時間があればググるか見るかしてください。(デビルマンでは人類は悪魔に滅ぼされます。)

f:id:hichaan:20190108024857p:plain

 

おやすみ、明くん。おやすみ、人間ども。

新年から何の話だよ

 

あけましておめでとうございます。

夜勤明けで東京に飛んで縁結びお守り買い漁ってきました。本年度も暗いひーちゃんですがよろしくお願い致します。

 

 

誰かのツイートで、一見明るくて可愛い人なのに、彼氏彼女が暗くてメンヘラなことってあるけどそれはその人の本来の姿を写してる……みたいなのがあったんですけど。それで初詣ツアー(ぼっち)をしながら街ゆく人を観察してたわけです。新年早々。

まあ確かにカップルってみんなファッションセンスと顔面偏差値が似てるなぁと思った。きっと人間は基本的に、形として現れるものの好みが似てるんだろうね。それが精神的な部分にも反映されるということをその人はツイートで言いたかったのだと思う。

価値観とか性格とかを超えた部分。そういうのが似てるもの同士って共依存して破綻するイメージが・・・でもちょっと羨ましいよね。わたしのこの言葉には表しにくい暗い部分を分かり合える人がいたら、それだけで幸せすぎて地球滅ぼしちゃうかもしれない。そういうわけでじゃあどういう人がいいかなぁと考えたんだけど、大雑把に言うと生き急いでる感じ?かなぁと思いました。好きなように強く生きてて、私なんかいなくてもきっと平気なんだと思える人。

むかし、わたしはドSな人(言い方が古臭い)が好みだと思ってた時期があって、そういう二次元キャラが好きだったんですよ。名前出しても良いですか?・・・青峰大輝です。彼が恋愛を匂わせたことは多分無いんですけど、わたしはきっと彼がドSで俺様に間違いないと思っていました。そういう描写の二次作品も多かったことだし。でも彼はやりたいことがちゃんとあって、それしか考えられなくて、そのことだけに泣いたり笑ったり怒ったりするわけです。それ以外のことは視界に入らない。わたし含めて夢女子が入る隙が無いから、ドSで俺様という印象があるのでしょうね。

そういう人に虫けらのように扱われたいということじゃなくて、きっと1人でもしっかり生きていけるし、私の知らないところで死ぬんだろうなという人が魅力的って話なんですけどこれ絶対読んでくれてる人に伝わってないやつ。放置されたいってことでもないんだけどね…。好きでいてほしいんだけど、わたしのことは人生の中でも真ん中あたりの優先順位っていうか。好きに生きてて欲しい、ほんとうに。←もはや願望。

 

 

恋みくじ大吉×2と、数々のお守りのパワーはどのくらいのものか…。ちなみにバカかと思われそうですけど、神様に「友達が元カレから鍵とお金を返して貰えますように」「そして私は元カレとまた会えるか、似てる人と出会えますように幸せになれますように」っていうひどいお願いしてきたよ?!?

 

元カレっていうにはもう古すぎる関係なの辛すぎる。彼はほっといても生きていけるタイプでした。

 

2019年は恋愛するためにも頑張って生きていきたい。優しくしてください。