明日が来なければいいのに

今君に素晴らしい世界が見えますか

宝くじ20億円当選した

 

毎日仕事で嫌なことされて自分がこんなに辛くて誰もわかってくれなくてだから仕事を辞めたいでもひどいこと言われすぎてカチンときてやっぱり負けね〜って思うから今はもう鬱じゃないから仕事大丈夫だと思う

会えばどこで息継ぎしてるんだって思うくらい早口に捲し立ててそんな話ばかりするようになった同期は、もともと感情の起伏が激しくて、そこがわたしと違って見ていて楽しいから好きだった。コロコロ変わる感情をそのまま出すってどんなに気持ち良いだろうか。

普通は、とわたしは切り出す。

普通は、勤務時間中に嫌なことがあったからって病棟で泣きわめく人はいないし、同僚にブチ切れて理不尽なことや傷つくことを言う先輩はそんなに沢山いないよ。その病棟はおかしいし、あなたももとの性格よりも感情の振り幅が大きくなっているから認めたくないと思うけど心療内科に行った方がいいと思う。泣いたり怒鳴ったりするのが当たり前の環境に慣れてるだけで、普通はみんな仕事中に思ったままに爆発しないよ。辞めるって言ってるけど爆発しても許される場所を心地よいと思ってるんだよ。本当に辞める気ないよ。本当にどうにかしたいなら辞めるのか、せめて心療内科に行くべきなんだよ。

わたしは息継ぎをちゃんとしながら話す。食べかけのオムカレーから熱気が失われていく。

そうなの?と、そうなの?って1ミリも思っていない顔で聞かれるとこんなにぶん殴りたくなるんだなって人生で初めて考えたりした。

例えば、本当に仕事を辞める気がお互いにない状態であれば、同期のこのマシンガンのように止まらない職場への不満とそれに伴う起伏の激しい感情を受け止めることが出来ただろうか。

わたしは今月と来月に東京へ行く予定がある。

面接受けに行ってくるんだよね、と自分でもどんなテンションだよと思うほど落ち着いた声で話す。

へぇ〜、いいな〜。

皿の上のオムレツから目を離さずに綺麗に一口分スプーンですくってそれを口へ入れる様子を見て、あぁ今タバコがあれば良かったのにと思った。

帰りは大雨だったから、タクシーに乗って帰った。わたし達は同じアパートに住んでいるからもう話したくないなと思っても、尚もコロコロと表情や話題を変えて話す同期を横目にウンウンと頷き続けねばならない。

わたしは好きだった。まるで知らない生物を見ているかのような気持ちにさせてくれるこの子の人生を見ていたいと思っていた。もし今ここに20億円あったらこいつを救ってやれるだろうか。お金ならあるから仕事を辞めろ、そんなふうに言えたとして。

こいつは仕事を辞めるか?

辞めねえんだよなあ〜と顔面に浮き出るように願った。わたしの顔を見てほしい。今すっごく楽しくない表情をしてるのを、顔面に浮き出てるはずの文字を、見てほしい。

 

 

 

人間はたくさんいる。知っているひとより知らないひとのほうがたくさんいる。不思議なほどたくさんいる。

昨日は好きだったのに今日は好きじゃないこともあるし、今日は憎いのに明日は愛しさに変わってるかもしれないし、今月はまだ知り合ってないけど来月に知り合うかもしれないし、昨日も今日も大好きで明日も明後日も大好きでたまらない不変のものもあるかもしれない。一生交わることがないという不変もあるだろう。

できるだけたくさんの人を知りたい、と思ったことは不思議とない。だけど人生は人を知ることの連続だ。自分が選んでいるような気もするし、神様に駒を動かすように操作されているような気もする。

人生でその瞬間に深く仲良くできる人の数には決まりがあると思っていて(イメージとしては手持ちのポケモンみたいな感じです)、それは人それぞれで、例えばわたしはたぶん常時5人くらい。だから友達が少ないって言ってるけど、これ以上は人間関係の管理が出来ないので無理なのだ。1人失えば必ず新しい1人に出会う。そんなふうに優しく世界はできている。

手持ちのポケモンはみんな状況に応じて入れ替える。それは当たり前に行われることだ。違法なことではないのだから。

わたしは最初の御三家は唯一無二の相棒だから手持ちから外すことは無い。わりと序盤で捕まえたお気に入りのポケモンも四天王戦まで手持ちにずっといる。殿堂入りした後にも旅は続く。こいつだけは捕まえたいっていうポケモンマスターボールで捕獲して、ちゃっかり手持ちに入れたりするのはきっとポケモントレーナーならあるはず。

ちょっと寂しいけど、たぶんわたしの手持ちのポケモンも入れ替わりました。この間新しいポケモンマスターボールで捕まえた。マスターボールのつもりだから、ちゃんと捕まえれたって思いたい。するりとどこかに行ってしまわないように。

実は、人間にはマスターボールは効果がない。人間には関係に名前をつけることで仲良くする理由を明確にすることが効果的だ。

わたしには名前をつけるのが難しいけどね。いつか名前をつけたいし、わたしにも名前をつけてほしい。そんなんじゃ待ってる間にまた手持ちが入れ替わってしまうかもしれないけれど。もうしばらくは、手持ちでいたいんだ。

何の話だろう。

わたしの妄想かな。

夏が終わって秋が来ても、冬が来ても、そして来年の春が来ても、変わらないものってあるのだろうか。

変わらないものなんてないってあの子を見て思ったくせに。楽しい時はいつだって不変だと信じているし、不変を願う。でも今度こそは違うかもしれない、ずっと仲良くできるかもしれない、馬鹿だから何度でもそう思うよ。今度こそは。きっと。

これは妄想じゃない。

現実の話。

もうすぐ夏が終わるよ。